「ご確認される」は誤り?

もう、ご確認されましたか?
こんな表現を、尊敬語のつもりで使ってしまうことはありませんか?
この表現は誤りとされています。

似たような表現ですが、以下のような表現は正しいのです。
もう、確認されましたか?
敬語表現が過剰になっている昨今では、この表現だと今一つ丁寧さが足りないように感じてしまいますが、これは尊敬語として正しい表現です。

最初の表現との違いは何でしょうか?
そう、「ご」が付くか付かないか、だけですよね。
しかも、丁寧にするつもりで「ご」を追加した前者の方が誤りとなってしまうのです。

なぜ、「ご確認される」は誤りなのでしょうか?
これは、謙譲語Ⅰを相手の動作に使っている形になっているためだとされます。
「確認する」に謙譲語Ⅰの一般形「お(ご)……する」を適用すると、「ご確認する」となります。
ご確認します。
これは、自分が、相手の言った内容を確認する時に使う表現ですよね。
なので、「ご確認される」は、相手の動作に謙譲語を使っているとみなされて、誤りとされるわけです。
尊敬の助動詞「れる」を付けて「される」としているのですが、その前の形式が謙譲語なので、そちらが優先する、ということなのでしょう。

でも、次のような表現は正しいとされるのです。
ご確認なさいましたか?
尊敬語の一般形として「お(ご)……なさる」というものがあるため、これは正しい尊敬語とされます。

これは、ちょっと不思議な気がしませんか?
「ご確認なさる」も「ご確認される」も、「ご確認する」の「する」の部分を尊敬語にした形式と考えることができますよね。
なのに、「なさる」の方は正しく、「される」の方は誤りとなるのです。
おそらく、「される」は「さ」+「れる」という、動詞+助動詞の形のため、謙譲語Ⅰ+尊敬語の形式に見えやすいけれど、「なさる」は一語の動詞のため、一連の尊敬語として見えやすい、といった経緯かな、と想像されます。

なお、最初の表現は、次のように助動詞をひとつ挟むだけで、問題のない表現にすることもできます。
もう、ご確認はされましたか?
こうすれは、「ご確認」は相手の「確認」という動作の尊敬語表現、「される」は相手の「する」という動作の尊敬語表現と、明確に分離されるため、問題がなくなるのだとされています。

まあ、今までに挙げたような表現は、いずれもちょっと紛らわしいので、次のような表現を使うのが、一番問題なさそうですね。
もう、ご確認下さいましたか?

関連記事:
「ご確認してくださる」や「ご確認していただく」は正しい?
「ご乗車できません」と「ご乗車はできません」の違い

広告

カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
Amazon 検索
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

関連サイト
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR