「ご教授下さい」は「ご教示下さい」の誤用?

ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教授下さい。
この表現、インターネットのQ&Aサイトなどで、良く見かけますよね。
メールのやり取りなどでも、この「ご教授下さい」という表現が使われているのを目にすることがあります。

そして、「『ご教授』は誤りで『ご教示』が正しい」なんて意見が、良く見られます。
基本的には、私も、この「ご教授下さい」という表現は、「ご教示下さい」と表現するべきところを、誤って「ご教授下さい」と使われたのが広まったものだと思っています。
でも、「ご教授下さい」という表現は、そもそも誤用なのでしょうか?

結論としては、この表現は、形式的には誤りではありませんが、多くの場合、適切でない場面で使われている、ということになると思います。

まずは、Yahoo辞書で、「教授」と「教示」を調べた結果を引用しておきましょう。

【教授】
きょう‐じゅ〔ケウ‐〕【教授】
[名](スル)
1 学問や技芸を教え授けること。「書道を―する」
2 児童・生徒・学生に知識・技能を授け、その心意作用の発達を助けること。
3 大学や高等専門学校・旧制高等学校などで、研究・教育職階の最高位。また、その人。「大学―」
[ 大辞泉 提供: JapanKnowledge ]
きょうじゅ[けう―] 【教授】
(名)
スル
[1] 01(ア) 児童・生徒に知識・技能を与え、そこからさらに知識への興味を呼び起こすこと。
(イ) 専門的な学問・技芸を教えること。
国文学を―する
書道―
[2] 0大学などの高等教育機関において、専門の学問・技能を教え、また自らは研究に従事する人の職名。助教授・講師の上位。
[ 大辞林 提供: 三省堂 ]

【教示】
きょう‐じ〔ケウ‐〕【教示】
[名](スル)《「きょうし」とも》知識や方法などを教え示すこと。示教。「御―を賜りたい」
[ 大辞泉 提供: JapanKnowledge ]
きょうじ[けう―] 01 【教示】
(名)
スル
[1] 〔補説〕 「きょうし」とも
おしえしめすこと。示教。
御―を賜りたく
[2] 実験・調査で、研究者の意図する行動を被験者にとらせるための指示。
[ 大辞林 提供: 三省堂 ]

「教授」も「教示」も、「スル」というキーワードが付いています。
これは、「する」を付けて、サ変動詞にすることが可能であることを示しています。
つまり、「教授する」とか「教示する」という使い方ができる、ということです。
このことから、「ご教授下さい」という表現自体は正しいことが分かりますね。

「ご教授下さい」という表現が問題視されるのは、その意味するところによります。
「教授」と「教示」は、語感としては非常に良く似ていますが、上記の辞書の定義を見ると分かる通り、教える対象の種類、というかレベル感が、少し違います。

「教授」の用例で、大辞泉、大辞林共に使われているのが「書道」ですね。
つまり、例えば、書道の先生に対して、
どうか、私に書道をご教授下さい。
と言った場合、これは正しい用法ということになります。
学問や技芸などを教えてもらいたい時であれば、「教授」を使うのは正しいわけです。

通常、インターネットのサイトやメールのやり取りで、学問や技芸を教えて欲しいとお願いすることは、まずないですよね。
ほとんどの場合、手順や方法などを教えて欲しい、といった意味で「ご教授下さい」が使われていると思います。
これは、やはり、誤りということになりますよね。

もっとも、言葉というのは、多くの人に使われるようになることで、その用法が正しいとされるようになる、ということが、しばしば起こります。
なので、今後、このように、手順や方法などを教えることを「教授する」と表現するのが、正しい用法であるとされるようになる可能性もありますね。

私の個人的な感覚としては、そもそも「ご教示下さい」という表現も、あまり好きではないですね。
だって、「教示する」って、あまり一般的に使う言葉ではないですよね。
メールなどで、「ご教示下さい」が使われるケースというのは、おそらく、先程から書いている通り、「手順や方法を教える」という程度の話が多いように思います。
それなら、簡単にこう言えば良いのではないでしょうか。
お教え下さい

漢語を使うと改まった雰囲気が出て、より丁寧に伝えている感じがする、ということで「ご教示下さい」が多用されるのだと思います。
でも、普段使うような、訓読みを使った日本語ならではの言葉をもっと大切にしても良いのではないかな、と私は思うのですが、いかがでしょうか?

でも、言文一致にせず、書き言葉と話し言葉を分離して考えるのが美しい、と考える人もいるでしょうし、結局、最終的には、個人の好みの問題、ということになるのでしょうね。

広告

カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
Amazon 検索
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

関連サイト
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR