「標記の件」? 「表記の件」?

※次の記事の続きです。
「標記の件」ってどういう意味?

メールなどで、良くこのような表現を使います。
標記の件について……
表記の件について……
どちらも、「件名に書いた事柄について……」という意味で使われると思いますが、これは、どちらが正しいのでしょうか?
あるいは、どちらも正しいのでしょうか?

「標記の件」の方については、前の記事で検討しましたので、ここでは省略します。
メールの件名を「標題」と表現するのは少々大げさな感がなくもないが、概ね正しそうだ、という感じでした。
「標記の件」ってどういう意味?

では、「表記の件」について、考えてみましょう。
前の記事でも引用しましたが、「標記」と「表記」の意味について、再度、大辞泉の定義を引用しておきます。

ひょう‐き〔ヘウ‐〕【標記】
[名](スル)
1 目印をつけること。また、その文字や符号。
2 標題として書きしるすこと。また、その事柄。「―の件について検討する」
ひょう‐き〔ヘウ‐〕【表記】
[名](スル)
1 おもてに書きしるすこと。また、その書かれたもの。おもて書き。「―の所へお送りください」
2 文字や記号を用いて書き表すこと。「現代仮名遣いで―する」

「表記の件」と言った場合、「表記」の1の意味である「表書き」のことになりますよね。
そもそも、私は「表記」といえば、「書き表し方」の意味でしか使うことがなく、逆に、「表書き」の意味では使ったことがありませんでした。
「表書き」というのは、ハガキなどで宛先や差出人の住所・氏名を書くことだと思いますが、一応、辞書を調べておきましょう。

<大辞泉>
おもて‐がき【表書(き)】
封書・小包・文書などの表に、住所・氏名などを書くこと。また、その文字。上書き。

<大辞林>
おもてがき0 【表書き】
「上書(うわが)き」に同じ。
うわがき[うは―] 0 【上書き】
(名)
スル
[1] 手紙や書物などの表面に書くこと。また、その文字。おもてがき。
・ 手紙の―
・ 小包に―する
[2] オーバー-ライト。

表書きのことを「上書き」というんですね。初めて知りました。
私は、「上書き」というと、「上書き保存」のように、2のオーバーライトの意味しか思いつきません。

それはともかく、表書きは、基本的には、宛先や差出人の住所・氏名という認識で間違いなさそうに思います。
メールにおいて、手紙などの「表書き」に当たる内容は何かと考えると、宛先、差出人、それに件名なども含めた、いわゆる「メールヘッダー」の内容であるように思われます。
メールで「表記の件」という表現を使うことが正しいかどうか。
それは、メールの件名が、「表書き」という概念に含まれるものと考えて良いのかどうかによるでしょう。

私は、今まで、「表記の件」という表現は、明らかに誤りであると考えていました。
私の認識では、「表記」という言葉には「書き表し方」という意味しかなかったためです。
でも、「表記」は第1義として「表書き」という意味があると分かり、かなり気持ちが揺らぎました。
実は、むしろ「表記の件」の方が正しいのかもしれませんね。

結論としては、「標記の件」も「表記の件」も、どちらも正しそう、といったところでしょうか。
あるいは、むしろ「表題の件」または「標題の件」などの表現の方が、あいまいさがなくなり、意味も伝わりやすいので、より適切な表現なのかもしれない、という気もしてきます。
とはいえ、私は、やはり「標記の件」を使い続けると思いますけどね。

言葉というのは、色々と考えてみる内に、様々な可能性が出てきて面白いですね。

広告

カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
Amazon 検索
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

関連サイト
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR