「標記の件」ってどういう意味?

メールなどで、「標記の件について……」といった文面を良く見かけると思います。
私自身も良く使います。
「件名に書いた内容について……」という意味だと認識して使っています。

でも、「標記」って、日常語としては、ほとんど使われない言葉ですよね。
同音異義語の「表記」の方は比較的使いますけどね。
「漢字で表記する」とか「ひらがなによる表記」のように、「書き表し方」のような意味で使われることが多いと思います。

「表記の件」という文面も見たことがありますが、上記のように考えると、「表記の件」という使い方は明らかに誤用であるように見えます。
でも、考えている内に、「標記の件」という使い方が本当に正しいのか、少し心配になったので、辞書を引いてみました。
同音異義語の「表記」の方も、併せて調べておきます。

<大辞泉>
ひょう‐き〔ヘウ‐〕【標記】
[名](スル)
1 目印をつけること。また、その文字や符号。
2 標題として書きしるすこと。また、その事柄。「―の件について検討する」
ひょう‐き〔ヘウ‐〕【表記】
[名](スル)
1 おもてに書きしるすこと。また、その書かれたもの。おもて書き。「―の所へお送りください」
2 文字や記号を用いて書き表すこと。「現代仮名遣いで―する」

<大辞林>
ひょうき[へう―] 1 【標記】
(名)
スル
[1] 目印としてしるすこと。また、その目印。
[2] 標題として書くこと。また、その題。
ひょうき[へう―] 1 【表記】
(名)
スル
[1] おもてに書き記すこと。また、その文字。おもて書き。
・ ―の住所あてお送り下さい
[2] 文字や記号で書き表すこと。
・ 漢字仮名まじりで―する

YAHOOで手っ取り早く調べられる2つの辞書で調べてみましたが、いやいや、申し合わせたかのように、見事に同じようなことが書いてありますね。
まあ、この場合、以下の記事を迷いなく書けるので助かります。

「標記」というのは、やはり、「標題として書くこと」ということですね。
つまり、「標記の件について」というのは、「標題として書いた件について」ということになります。
メールでいえば、「メールの件名に書いた件について」という認識で問題なさそうに思われます。

「標記の件について」ではなく、「表題の件について」という言い回しも見かけますが、これらはほぼ同じ意味ということになりますね。
あ、でも、「表題」は、ひょっとして「標題」とは意味が違っていたりするのでしょうか?
念のため、こちらも調べておきましょう。

<大辞泉>
ひょう‐だい〔ヘウ‐〕【表題/標題】
1 書物の表紙などに記してある題名。
2 講演・演劇・芸術作品などの題。

<大辞林>
ひょうだい[へう―] 0 【表題・標題】
[1] 本の表紙に書かれている本の名。
[2] 講義・演説などの題目。
[3] 演劇などの題目。

うん、「表題」と「標題」は、ひとつの見出し語の中に記されているので、これらを同義と考えることについては、問題なさそうです。

ただ……。
語義を見ると、本、講演、演説、芸術作品、演劇など、ちょっと大きめのものの題名のことをいうようですね。
本来の語義からいえば、ちょろっと書いたメールの件名を「標題」あるいは「表題」と表現するのは、少し大げさのようにも思えます。

私は「標記の件」しか使ったことがありませんでした。
でも、実は、「標記の件」ではなく「表記の件」と書く方が適切なのでしょうか?

これについては、次の記事で考えてみようと思います。
「標記の件」? 「表記の件」?

広告

カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
Amazon 検索
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

関連サイト
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR