「ご確認」? それとも、「御確認」?

「お」とか「ご」という接頭語は、敬語を作る時に基本となりますが、皆さんは、これをひらがなで書きますか? それとも漢字で書きますか?

まずは、そもそも、「お」と「ご」の使い分けのルールは、どのようになっているのでしょうか?
以下、平成19年2月2日の文化審議会答申「敬語の指針」から引用します。
【ア-1:「お」「御」の使い分け】
一般に,動詞が和語の場合は「読む→お読みになる」「出掛ける→お出掛けになる」のように「お……になる」となり,漢語サ変動詞の場合は「利用する→御利用になる」「出席する→御出席になる」のように「ご……になる」となる。

つまり、一般に、
「お」+和語
「ご(御)」+漢語
とすることになっている、ということですね。

誤りとして良く例示される表現に、「お返事」というのがありますね。
漢語には「ご」を付けて、「ご返事」(または「御返事」)とするのが正しく、「お返事」は誤りだ、と言う人がいます。
これだけ「お返事」という表現が定着しているこの世の中で、「『お返事』は誤りだ」なんて指摘する人を見ると、私は、逆にその人の常識を疑ってしまいます。

先のルールはあくまで原則であり、当然、慣用的にこのルールのなじまない言葉もあるわけです。
以下は、「敬語の指針」の「6 二つ以上の種類の敬語にわたる問題」からの引用です。
ただし,美化語の場合は,「お料理」「お化粧」など,漢語の前でも「お」が好まれる。また,美化語の場合以外にも,「お加減」「お元気」(いずれも尊敬語で,「お+漢語」の例)など,変則的な場合もあるので,注意を要する。
確かに、「ご加減」「ご元気」なんて、見たことないですね。

ほとんどの言葉は、先のルールに則った使われ方をしますが、当然例外もあるので、結局は、世の中で広く使われている表現を使うのが正しい、としか言いようがないわけです。
だとすれば、「お加減」や「お元気」と同様、ほとんどの人が使っている「お返事」の方が正しく、「ご返事」は誤りである、という言い方もできるのではないでしょうか?

なんて言いながら、私は「ご返事」を使いますけどね。
「お返事」と「ご返事」については、どちらも正しいといって良いのではないかと、私は思います。

まあ、「お」と「ご」の使い分けについてはこのくらいにして、それでは「ご」はひらがなで書くべきでしょうか? それとも漢字で書くべきでしょうか?
次の内容は、昭和56年10月1日の事務次官等会議申合せ「公用文における漢字使用等について」からの引用です。
ウ 次の接頭語は,その接頭語が付く語を漢字で書く場合は,原則として,漢字で書き,その接頭語が付く語を仮名で書く場合は,原則として,仮名で書く。
<例>
 御案内,御調査,ごあいさつ,ごべんたつ

どうでしょうか?
実際には、「御案内」「御調査」のように、漢字で「御」と書かれているのを見かける機会は非常に少なく感じます。
結婚式の招待状のような、ちょっとかしこまった体裁の文章では、見かけますね。
あるいは、先に引用した、「敬語の指針」などは、公用文なので、当然このルールに則って書かれています。
でも、一般のビジネス文書などでは、「ご案内」「ご調査」のように、「ご」はひらがなで書く場合が多いと思います。

私も、「ご」はひらがなで書きます。
「御確認」と書くと、敬語の「御」と本体の「確認」の切れ目が分かりづらくなるんですよね。
「ご確認」と書くと、敬語がひらがな、本体が漢字となるので、「ご」が接頭語であることが明快で、文章が読みやすくなる気がします。
そんな理由から、私は、このルールが気になりつつも、「ご」はひらがなで書いています。

まあ、基本的には、自分の好きな方で書けば良いのではないか、と私は思っています。
でも、形式ばった文章を書く場合などは、この公用文のルールに則って書いておくと無難なのかもしれませんね。

広告

カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
Amazon 検索
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

関連サイト
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR