「致します」「下さい」「頂きます」は漢字? ひらがな?

これらの動詞を漢字で書くか、ひらがなで書くか、迷う人はいらっしゃいませんか?
「そうそう、気になってたんだよ」という人、「そんなこと、どうでもいいよ」という人、色々な方がいらっしゃると思います。

この書き方について、次の情報が、ひとつの指針となります。

これによると、「・・・てあげる」「・・・ていく」などの補助動詞や、「・・・てよい」「・・・かもしれない」などの補助形容詞などについて、「原則として,仮名で書く」とされています。
もっとも、「補助動詞」とか「補助形容詞」といった用語で書かれているわけではなく、あくまでも、いくつかの例が記載されているだけなので、厳密には、「補助用言はひらがなで書く」というルールが規程されているとは言い切れません。
でも、書き方を見るに、おそらくそれを表現しているのだと考えて間違いなさそうです。
ちなみに、日本語変換ソフトのMS-IMEでも、最初に変換される時には、このルールに則って変換されますね。

本動詞の場合、上記申合せではタイトルに挙げたような動詞について記載がありません。
こちらについては、平成19年2月2日の文化審議会答申「敬語の指針」を参考にすることにしましょう。
24ページから始まる「第2 敬語の形」を、この点に注意して読んでみると、次のようになっていることが分かります。
本動詞補助動詞
いたすいたす
下さるくださる
頂くいただく
「いたす」だけは、本動詞でもひらがなで表記されていますが、「下さる」や「頂く」は、本動詞の場合は漢字、補助動詞の場合はひらがなで表記されています。
つまり、このルールに則って表記すると、以下のようになります。

本動詞として使う例
先生が下さいました
先生から頂きました

補助動詞として使う例
ご確認ください
ご確認いただけますか

上記のような例だと、確かに意味の違いが感じられるので、この使い分けを、ある程度納得できそうな気もしますね。
でも、色々な例を考えてみると、果たして、この使い分けが意味のあるものなのか、少し疑わしく感じられてきます。
例えば、以下のような場合、ルールを厳密に守ろうとすれば、「を」があるかないかの違いだけで、漢字で書いたり、ひらがなで書いたりしなければなりません。

助詞「を」のあり・なしで、動詞になったり補助動詞になったりする例
ご連絡くださる(「連絡してくれる」を尊敬語にするための補助動詞)
ご連絡を下さる(「ご連絡」を目的語とした本動詞)
ご連絡いただく(「連絡してもらう」を謙譲語Ⅰにするための補助動詞)
ご連絡を頂く(「ご連絡」を目的語とした本動詞)

この例を見ると、ほとんどの人が「こんなの、どっちでもいいや」となるのではないでしょうか。
私も「どっちでもいい」派です。
このサイトの記事を書く時には、このルールを遵守して書いていたりもしますが、それ以外の場面では、基本的に漢字を使います。
漢字を使う理由は、
・文字数が少なくなる
・意味の切れ目に漢字が入る
ことにより、文章が読みやすくなるから、といったところでしょうか。

ただ、次のような動詞の場合、私はこのルールを遵守しています。
本動詞補助動詞
……を見る……てみる
……へ行く……ていく
……を置く……ておく
共通しているのは、語幹が一文字の動詞であることですね。
なぜ、ルールを使い分けているのか、自分でも良く分かりませんが、これらについては、こうした方が何となく読みやすい感じがします。

これらの表記ルールは、あくまでも、『公用文における』漢字使用等について、ということなので、遵守するかしないかは、公用文を書くのでない限りは、その人の自由と考えて良いと思います。
そもそも、ここまで意識して文章を見ている人は、そう多くないと思いますしね。
ただし、その文章を読む人が言葉にうるさい人の場合は、これらについても注意しておくと、良いことがあるかもしれません。

※「漢字」と「ひらがな」の葛藤に関する他の記事
「ご確認」? それとも、「御確認」?
「みいだす」「見いだす」「見い出す」「見出だす」「見出す」

広告

カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
Amazon 検索
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

関連サイト
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR