「申し訳ありません」「申し訳ございません」は誤用?

「とんでもございません」は間違い?】では、「とんでもございません」とか「とんでもありません」という表現を誤用であると考える人がいる、という話をしましたが、「申し訳ございません」とか「申し訳ありません」も誤用とする考えもあるようです。

確かに、「とんでもない」と同様、「申し訳ない」を一連の形容詞と考えれば、誤用と解釈されるのも分からなくはありません。
でも、「申し訳ございません」は「とんでもございません」と比べても、さらに浸透していますよね。
私には、もはや、これに異を唱える人の方が、逆に、一般的な言葉に対する感覚を持ち合わせていないと非難されても仕方がないのではないか、と感じられてしまいます。

言い換えるとしたら、次のようにするべきなのだそうです。
申し訳なく存じます
申し訳ないことです
あまり聞かないですよね。「ございます」という最強の丁寧語が使えなくなるのも気になります。

「ございます」を使うとすれば、次のようになるのでしょうか。
申し訳のうございます
うーん、こんな表現、私は見たことも聞いたこともありません。

誤用の指摘も、このレベルになると、もはや、日本語という言語の乱れを防ぐべく、真摯に誤りを指摘しているという気持ちはほとんど感じられず、良く使われている言葉を「誤用」として祭り上げることを、単純にエンターテイメントとして楽しんでいるとしか思えません。
(もっとも、昨今の「誤用指摘ブーム」は、ほとんどがこれだと私は感じていますが)

「申し訳ない」という言葉の成り立ちは、「申し訳」が「ない」、つまり「言い訳のしようもないくらいに悪いと思っている」ということですね。
この意味を具体的に考えてみると、「悪いと思っているのに、それを説明できず『申し訳がない』とは何事か」と思わなくもないですが、それはまあ、ここでは置いておくことにしましょう。

「申し訳がない」と、助詞「が」を挟む場合もありますね。
この表現にした場合、以下のような表現と同じような形になります。
お詫びの言葉もない
返す言葉もない
これらの表現における「ない」は、独立した形容詞としての「ない」なので、当然、これを「ございません」に置き換えることが可能です。
申し訳がございません
お詫びの言葉もございません
返す言葉もございません

「申し訳がございません」なら問題ないのに、「申し訳ございません」だと問題視されることに、何やら不自然な感覚を覚えるのは、私だけでしょうか?

また、これとは逆に、一見、助詞「も」が入っているように見えるけれども、慣用表現として一連の形容詞になったものもあります。
とんでもない
めっそうもない
みもふたもない
あられもない
にべもない
位置付けが微妙なものもありますが、これらは、基本的には一語の形容詞と考えられ、「○○もありません」や「○○もございません」のような表現は誤用とされることが多いのではないでしょうか?

でも、使えた方が便利ですよね。中でも、「とんでもございません」は、非常に良く使われます。
こういった用法を見つけては、「誤用だ!」と目くじらを立てる人がいますが、穏やかな心で認めてあげれば良いのに、と思ってしまいます。

さて、ここでちょっと視点を変えて、「申し訳ない」を別の形で活用させてみましょう。
「申し訳ない」という形容詞に、助動詞「そうだ」を連結することを考えてみます。
申し訳なそうだ
申し訳なさそうだ
多くの人は、「申し訳なそう」という表現に違和感を覚え、「申し訳なさそう」が自然だと感じるのではないでしょうか。
通常、形容詞に「そうだ」を連結する場合、未然形にそのまま接続します。
独立した形容詞「ない」に接続する場合は、「さ」を介して「なさそう」とします。
つまり、「申し訳ない」を一語の形容詞として考えるなら、「申し訳なさそう」は誤りということになります。
(詳細は、【「なそう」と「なさそう」】を参照して下さい)

「申し訳ありません」や「とんでもありません」を誤用だと主張する人の中には、「申し訳なさそう」や「とんでもなさそう」は正しい、という人もいるのではないでしょうか。
これは、首尾一貫しない、矛盾した主張ということになります。

言葉は、生き物である人間が使うものなのですから、「それは絶対に間違いだ!」とか、「これが唯一正しい表現である」などと決め付けず、「意味が通じて、ある程度広い範囲で使われていれば、どのような表現でもOK」と大らかに構えていたいものです。
「文法」とか「正誤」という概念は、普及した言葉に対して、後付けで形成されるものです。
生き物である言葉が、それらのルールに縛り付けられてしまうのは、本末転倒なのではないかと、私は思います。

※関連記事
「とんでもございません」は間違い?
確かに、「申し訳ある」という言葉はありませんが……

広告

カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
Amazon 検索
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

関連サイト
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR