「ご確認してくださる」や「ご確認していただく」は正しい?

確認の依頼で、次のような表現を見かけることがあります。
これらは、敬語として正しい形式になっているでしょうか?
・ご確認してくださる
・ご確認していただく
かなり惜しいのですが、これらは誤っています。
正しくは、以下のようになります
・ご確認くださる
・ご確認いただく
・確認していただく

例えば、こんな風に使うわけですね。
・ご確認くださいますよう、お願いいたします。
・ご確認いただきまして、ありがとうございます。
・明日までに内容を確認していただきたく存じます。

「確認していただく」というのは、本当にちゃんと謙譲語Ⅰになっているのか、心配になりますよね。
でも、「……ていただく」という謙譲語Ⅰの一般形は、平成19年2月2日の文化審議会答申「敬語の指針」に記載されているので、問題ないはずです。

つまり、「ご確認していただく」という表現は、丁寧にしようと「ご」を付けてしまったばかりに、誤った敬語となってしまう、というわけです。
残念なこと、この上ないですね。

「ご確認していただく」が、なぜ間違いとされてしまうかというと、「確認する」を謙譲語Ⅰにした形が「ご確認する」なので、「ご確認していただく」と言った場合、「確認」という相手の行為を謙譲語Ⅰにしてしまっていることになるためです。

この用法が間違われやすい理由は、「確認の依頼」という、二重の動作を表現しているためだと思います。
「確認」するのは相手なので尊敬語を使う必要があり、「依頼」するのは自分なので謙譲語Ⅰを使う必要がある、と考えそうになります。
でも、尊敬語と謙譲語Ⅰを「確認してもらう」という表現の中に併存させることができないので、「確認を依頼する」という行為ひとつとして考えしまい、謙譲語Ⅰだけを使うようにするのが「正しい」とされている形です。

「ご確認していただく」を使ってしまう人は、「確認」については尊敬語、「もらう」については謙譲語Ⅰをそれぞれ適用させようとして、尊敬の「ご」と謙譲の「していただく」を併せて使っている、という気持ちなのではないでしょうか。
つまり、いわゆる「正しい」敬語を使っている人より、さらに律義に敬語を使ったつもりが、間違いとされてしまっているのではないかと思うのです。
好意が裏目に出てしまっているわけで、これは残念としか言いようがありません。

言葉はうつろうものなので、いずれ、この用法は正しいとされるようになるかもしれませんね。
でも、それまでは、「ご確認していただく」は使わず、「ご」を取って「確認していただく」か、「して」を取って「ご確認いただく」を使うようにしましょう。

※関連記事
「ご確認願います」は正しい敬語?
「ご確認願います」は正しい敬語? その2

広告

カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
Amazon 検索
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

関連サイト
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR