「ご確認願います」は正しい敬語? その2

「ご確認願います」は正しい敬語?】で、「ご確認願います」という表現は、正しい敬語とされる形式にはなっていない、という話をしました。

でも、ネット上を色々調べてみると、「ご確認願います」は正しい謙譲語である、と書かれているページもあります。
それらの中で多いのは、
「お(ご)○○願う」は謙譲語を作る形式である。
と説明しているものです。

でも、実際、これは正しいのでしょうか?

謙譲語を作る一般形には、以下のようなものがあります。
・お(ご)○○する
・お(ご)○○申し上げる
・○○ていただく
・お(ご)○○いただく

これは、平成19年2月2日の文化審議会答申「敬語の指針」より、謙譲語Ⅰの【一般形の主な例】を抜き出したものです。
これ、結構トリッキーなのですが、最初の2例と後の2例では、動作の主体が逆なので、注意が必要です。
つまり、
ご確認する、ご確認申し上げる
の場合、確認するのは自分であり、
確認していただく、ご確認いただく
の場合、確認するのは相手です。
でも、相手が確認することにより、自分が相手から恩恵を受けることになるので、その恩恵を「いただく」動作の主体は自分であり、謙譲語となるわけです。

「お(ご)○○願う」の形も、この後の2例と似たような使い方ということになりますね。
でも、残念ながら、この形式は、上述の答申では一切言及されていません。
文部科学省の諮問に対する、文化審議会の答申ということは、一応、敬語に関する国の公式見解と考えて良いのではないでしょうか。
そこで言及されていないということは、今のところ、「ご確認願います」は正しい敬語とはいえない、と結論付けるしかないのかな、と思います。

ただ、「お(ご)○○願う」を謙譲語の一般形として認めたい、という気持ちは、確かに良く分かるのです。
私も、実際、これが敬語として認められていたら便利だな、と思います。
特にビジネスでのやり取りの場合、この表現はとても有効ですね。
「ご確認願います」
という表現は、
「ご確認の程、よろしくお願いいたします」
などの丁寧な表現と比べて、文字数が少なく、現代のビジネスシーンの要求に良くマッチする気がします。
ビジネスシーンでの文章の目的は、より的確に自分の考えや相手に対する要求を伝えることにありますから、敬語をべたべた使い過ぎて冗長になるよりも、このような表現の方が望ましいケースが多いですよね。

ただ、これを正しい敬語でないとして、不快に感じる人もいるのが難しいところですね。
そもそも「正しい敬語」って、何でしょうね?
誰が「正しい」と認めたら正しいことになるのでしょうか?
辞書に載っていたら正しい? 新聞で使われていたら正しい? NHKで放送されていたら正しい?
法律で決まっていたりするものではないので、非常に難しいですね。

最終的には、結局、話をする相手に応じて、相手が最も不快に思わないやり方を探るしかない、ということになるのだろうと、私は思っています。

※「ご確認」に関するその他の記事
「ご確認してくださる」や「ご確認していただく」は正しい?
「ご確認」? それとも、「御確認」?
「ご確認いただく」を相手に使っても良い?

広告

カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
Amazon 検索
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

関連サイト
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR