「ご確認願います」は正しい敬語?

確認作業を要求するメールのやり取りなどで、こんな表現を目にすることがあります。
ご確認願います
さて、この表現、敬語として正しいのでしょうか?

結論から言えば、これは敬語の形式としては、正しくはないですね。
「願います」というのは、丁寧語が付いているだけで、謙譲語になっていません。
つまり、これを謙譲語Ⅰの一般形「お……になる」に当てはめて、「お願いします」にして、次のようにすれば、正しい敬語になります。
ご確認お願いします

まあ、この表現は最小限のもので、助詞なども入っていないので、実際には、もう少し丁寧に、
ご確認をお願いします
ご確認の程、よろしくお願いします
みたいな感じでしょうかね。

さらに、謙譲語Ⅱも加えて、
ご確認をお願いいたします
ご確認の程、よろしくお願いいたします
とすれば、なお良いかもしれませんね。

「お願いします」は、ほとんど一連の言葉として考えてしまうところがありますが、こうして見てみると、「願う」という言葉を、一般形により謙譲語Ⅰにした言葉であることが分かります。
そのようにバラして考えると、「お願いします」って、ずいぶん頼りない言葉ですよね。

「お願いします」って基本的には、目上の人に対する命令ですよね。
命令というと少し強すぎるように感じるかもしれませんが、確認をお願いしたら、それは絶対に確認してもらわなきゃ困ることですよね。
なのに「願う」。
不可能かもしれないが、もし可能なのだとすれば、確認をしておいてもらえたら大変ありがたい、って感じですよね。
まあ、実際には、そんな気持ちで願っている人はいないわけですけど。

婉曲表現によって敬意を表す、というのは、この表現に限らず、色々とありますよね。
ご確認いただいてもよろしいですか?
というのもそうですね。
婉曲表現による敬語が浸透してくると、婉曲にしないと失礼な感じになってくるのがやっかいなところです。

婉曲にする方向とは別に、丁寧にする方向に進む表現もありますね。
ご確認いただけますでしょうか?
「ます」と「です」を並べるのはずいぶんひどい気がしますが、この表現に慣れてしまうと、「ご確認いただけますか」の形では、丁寧さが足りない気がしてきてしまうものです。

そもそも、確認を依頼する表現については、こんな感じで十分なはずなのです。
ご確認下さい
でも、今、この表現だと、「ずいぶん押しつけがましくて失礼な言い方だ」と感じる人が多いと思います。

表現を変えたところで、それは文章を飾っているだけで、確認を命令している気持ちには何ら変化はないんですけどね。
でも、社会生活をする以上、表面を取り繕うことは大事なことなので、これからも表面を取り繕った日々を過ごし続けることでしょう。

以上、「お(ご)○○願う」は、謙譲語を作る一般形ではない、という前提で書いてきましたが、ネット上を色々調べてみると、「ご確認願います」は正しい謙譲語である、と書かれているページもあります。
これについて、以下の記事を書きました。よろしければ、こちらもご参照下さい。
「ご確認願います」は正しい敬語? その2

広告

カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
Amazon 検索
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

関連サイト
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR