「とんでもございません」は間違い?

A氏:お手数をおかけいたしまして、本当に申し訳ございません。
B氏:いえいえ、とんでもございません。
よく出現しそうなやり取りですよね。

でも、この「とんでもございません」は間違いだ、という人が結構います。
その理屈は、以下の通りです。
「とんでもない」という形容詞は、一語の形容詞であり、「とんでも」というものが「ない」ということを意味しているわけではない。
したがって、その「とんでも」を分離して、「ない」の部分だけを「ございせん」と丁寧語にするのはおかしい。

確かに、この批判はもっともである気がしますね。
つまり、これを認めるなら、
では、「あぶない」という言葉を同様のやり方で「あぶ」と「ない」に分離し、「ない」の部分だけを「ございせん」として「あぶございません」と言えるか?
となるわけです。
まあ、確かに、「あぶございません」は聞いたことがないですね。
よって、「とんでもございません」も誤りである、ということになるわけです。

まあ、「とんでもない」と「あぶない」は、ちょっと違う気もするんですけどね。
語源的に見れば、「途でもない」、つまり「途」+「でも」+「ない」と分離できそうな気がします。
「あぶない」という動詞は、語源は分かりませんが、少なくとも現代人の感覚としては、「あぶ」+「ない」には分離できそうもないですよね。

なお、参考までに、平成19年2月2日の文化審議会答申「敬語の指針」によれば、「とんでもございません」という用法は問題ないとされています。
「とんでもございません」(「とんでもありません」)は,相手からの褒めや賞賛などを軽く打ち消すときの表現であり,現在では,こうした状況で使うことは問題がないと考えられる。

とはいっても、「とんでもございません」を誤りだと感じる人がいる以上、なるべく「とんでもございません」は使わないようにした方が良いのかもしれません。

さて、ここで困るのが、「じゃあ、何て言えばいいの?」ということなのです……。
候補はいくつかあります。

まずは、
1. とんでものうございます
これ……ちょっと言いにくいですよね。
相当年配の人でないと、さらっと自然に言えない気がします。
若い人が使ってたら、「まあ、育ちがおよろしいこと」と、なんだか逆にバカにされてしまいそうな気さえします。
これが自然に使える世の中であれば、これが一番問題ないのですが……。

次に、
2. とんでもないことでございます
まあ、1よりは自然に使えそうな気がするのですが……。
ちょっと長くなって、モタモタする感じがします。
さらに、先の答申によると、この表現は使う時に注意が必要とあります。
「とんでもございません」は,「とんでもないことでございます」とは表そうとする意味が若干異なるという点に留意する必要がある。問いの例は,褒められたことに対し,謙遜して否定する場合の言い方である。したがって,「とんでもございません」を用いることができるが,この場面で,「とんでもないことでございます」と言ったのでは,「あなたの褒めたことはとんでもないことだ」という意味にも受け取られるおそれがあるので,注意する必要がある。

え~、そうなんですか?
つまり、「とんでもございません」と「とんでもないことでございます」は意味が違うと受け取る人もいるということですね。

後は、
3. とんでもないです
これはすっきりしていて、広く使われている気がしますね。
でも、冒頭の例で言えば、相手が「申し訳ございません」と「ございません」を使っているので、こちらも「ございません」返しをしたいところです。
「です」より「ございます」の方が丁寧さが上ということらしいですからね。

また、「とんでもないです」という接続は誤りであると感じる人もいるらしいです。
形容詞の終止形に助動詞が接続されちゃってますからね。
でも、そうすると、「じゃあ、形容詞にどうやって『です』を接続すればいいのさ?」ってことになります。
助動詞は連用形に接続するのが自然ですが「とんでもなくです」とか「とんでもなかっです」は聞いたことがないですね。

このように見てくると、どの用法を使っても何かしら非難される余地があり、何の問題もなく使える表現がないのです。
やっかいな問題ですよね。
どれが正しく、どれが誤りということはないので、言葉にうるさそうな人がいたら、その人のお気に召す言葉を聞いておくのが良いのかもしれませんね。

広告

カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
Amazon 検索
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

関連サイト
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR