「申す」「申し上げる」「申し伝える」「申し出る」

平成19年2月2日の文化審議会答申「敬語の指針」によれば、「申す」という動詞は、単独では、「いう」の謙譲語Ⅱ(丁重語)であるとされます。

同答申で、謙譲語Ⅱは以下の通り説明されています。
自分側の行為・ものごとなどを,話や文章の相手に対して丁重に述べるもの。
つまり、「謙譲語Ⅱ」というのは、敬語の機能として「丁寧語」とほぼ同じと考えられます。
どちらとも、話し手の聞き手に対する敬意を表す言葉ということですからね。

ちなみに、丁寧語の説明は以下の通りです。
話や文章の相手に対して丁寧に述べるもの。

「丁重」と「丁寧」って、どう違うのでしょうか?
大辞泉で調べてみると、以下の通りです。
ていちょう【丁重/鄭重】
[名・形動]
1 礼儀正しく、手厚いこと。また、そのさま。「―に断る」「―な挨拶(あいさつ)」
2 注意が行き届いていて丁寧なこと。また、そのさま。「壊れないように―に扱う」
ていねい【丁寧/叮嚀】
[名・形動]
1 細かいところまで気を配ること。注意深く入念にすること。また、そのさま。「アイロンを―にかける」「壊れやすいので―に扱う」
2 言動が礼儀正しく、配慮が行き届いていること。また、そのさま。丁重(ていちょう)。「―な言葉遣い」
3 文法で、話し手が聞き手に対して敬意を表す言い方。→丁寧語
丁重の1と丁寧の2、丁重の2と丁寧の1の定義は、それぞれ同じと考えて良さそうです。
つまり、この二つの単語は、少なくとも大辞泉の定義を見る限り、ほぼ同義と考えて良さそうですね。

少し話が逸れました。
本稿のメインテーマは、「申す」という動詞のやっかいさです。

最初に書いた通り、「申す」は、単独で使う場合は「謙譲語Ⅱ」です。
例えば、こんな風に使いますね。
私は○○と申します。

さて、謙譲語には「謙譲語Ⅰ」もあります。
定義としては、
自分側から相手側又は第三者に向かう行為・ものごとなどについて,その向かう先の人物を立てて述べるもの。
だそうです。

先の用例では、「○○という名前である」ということを謙譲表現にしたわけですが、名前が○○である、という動作(この場合、動きはないですが)は、向かう先がありません。
なので、これは謙譲語Ⅱとされるわけですね。

「申す」が単独の場合は、これで良いので問題ありません。
でも、「申す」に別の動詞がくっ付いた「申し○○」という複合動詞になると、これが非常に面倒な話になります。

例えば「申し上げる」。この動詞は「謙譲語Ⅰ」とされます。
「申し上げる」は「話す」の謙譲語であり、「話す」という行為には、向かう先がありますね。
なので、これは「謙譲語Ⅰ」となるわけです。

「なんだ、じゃあ、向かう先があれば『謙譲語Ⅰ』ってことで良いんでしょ?」って?
いや、ところがそうはいかないのです。

別の記事でも話題にしていますが、「申し伝える」という動詞。
これは「申す」の持つ「謙譲語Ⅱ」の意味を継承するのだそうです。
だから、社内の人間に伝言することをお客さんに話す時には「申し伝えます」と言うのが正しい、ということになるようです。
関連記事:
「お伝えします」と「申し伝えます」
「お伝えします」と「申し伝えます」その2(謙譲語Ⅰと謙譲語Ⅱを踏まえて)

「なるほど、『申す』を含む動詞で『謙譲語Ⅰ』と『謙譲語Ⅱ』があるのか。ややこしいな」って?
いえいえ、まだもうひとつ別のパターンがあるのです。
「申し出る」という動詞の場合、これは、本来の「申す」という謙譲語としての意味を失っており、敬語ではない、普通の動詞なのだそうです。

よく、「お申し出下さい」という表現を耳にすることがありますね。
「申すは謙譲語なのに、それを相手に使ったら、相手を下げることになって、おかしいじゃないか」と異を唱える人も多いですが、冒頭で挙げた答申によれば、先に述べた通り、この単語は謙譲語としての働きを持っていないので、問題ないとされています。

以下は、同答申からの引用です。
「御持参ください」,「お申し出ください」,「お申し込みください」などといった表現の中に含まれる「参る」や「申す」は,謙譲語Ⅱとしての働きは持っていないと言ってよい。したがって,これらの表現を「相手側」の行為に用いるのは問題ない。

どうですか? 非常にややこしいですよね。
「申し上げる」も「申し伝える」も「申し出る」も、一見したところ、同じように「申す」を含む複合動詞なのに、敬語としての働きが以下の通り、三者三様というわけです。
「申し上げる」 - 謙譲語Ⅰ
「申し伝える」 - 謙譲語Ⅱ
「申し出る」 - 敬語の機能を持たない

「申す」を含む複合動詞は、ざっと思い付くままに挙げてみても、結構色々あります。
申し付ける
申し立てる
申し開く
申し渡す
申し述べる
申し遅れる
申し受ける
申し合わせる
これらが、それぞれ上記3種類の内のどれに該当するのか、考えてみると面白いかもしれませんね。

広告

カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
Amazon 検索
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

関連サイト
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR