「ご乗車できません」と「ご乗車はできません」の違い

駅のホームで、こんなアナウンスを聞くことがあり、誤った敬語に不愉快になる、という人がいます。
この電車は回送電車となります。
ご乗車できませんのでご注意下さい。

問題なのは、「ご乗車できません」の部分ですね。
「乗車する」という動詞は、尊敬語と謙譲語で、それぞれ以下のようになります。
尊敬語: ご乗車になる → ご乗車になれる → ご乗車になれない
謙譲語: ご乗車する → ご乗車できる → ご乗車できない
これを見て頂けば分かる通り、上記のアナウンスは、謙譲語になってしまっているわけです。謙譲語は動作する人を下げる言葉なので、これでは、駅員が乗客を見下して話していることになり、敬語として正しくない、というわけです。

私は、まあ、そんなつまらないことに目くじら立てなくても、と思ってしまうわけです。
加えて、最近の駅のホームでの放送は機械音声のことが多いですよね。機械音声の場合、言葉遣いについて、きちんと検討された上で作成されているはずなので、この間違いはないと思います。なので、そもそも私は、この表現を耳にした記憶があまりありません。
でも、気にする人は気にするようなので、こういったアナウンスをする機会のある方は、気を付けられた方が良いですね。

さて、本稿のメインテーマはここからです。
問題のある敬語とされているこの表現、実は助詞をひとつ付け加えるだけで、あら不思議、問題のない敬語表現となってしまうのです。
それが表題にもある通り、
ご乗車できません
なのです。
助詞の「は」が一文字入っただけですね。
なぜ、これだけで問題のない敬語表現となるのでしょうか?

「ご乗車できません」という場合、これは「乗車する」という、ひとつの単語(サ変動詞)として扱われます。
この場合、この動詞の動作の主体は乗客となるため、乗客を立てるために、「ご乗車になる」と尊敬語にする必要があります。

でも、「ご乗車はできません」と、間に助詞を挟むと、「乗車」という名詞と「できる」という動詞に分離されます。
こうすることにより、「できる」という動詞は、乗客の動作ではなく、「乗車」という、電車にのる行為そのものについて話していることになるわけです。
なので、「できる」は尊敬語にする必要がありません。
乗客の動作である「乗車」という名詞に「ご」を付けて「ご乗車」とすることにより、乗客の行う乗車行為を尊敬語の表現にすれば、敬語として問題のない表現となります

たった一文字の助詞「は」が入るか入らないかで、こんなに違ってしまうわけです。
うーん、ややこしいですね!

今の表現も含めて、「乗車できない」を正しい尊敬語にする方法は、以下の3通りがあります。
1. ご乗車になれません
2. ご乗車いただけません
3. ご乗車はできません

3は正しいのですが、助詞を一文字抜くだけで間違った敬語になってしまうので、誤解を避けるためにも、あまり使わない方が良いかもしれません。

2も正しいのですが、世の中には、これを間違いだと主張する人もいます。
「いただく」は「もらう」の謙譲語なので、乗客の動作に謙譲語を使ってるじゃないか、というわけです。
でも、この指摘は誤りです。
この例の場合、確かに「乗車する」のは乗客ですが、「乗客に乗車してもらう」のは鉄道会社側です。
つまり、この「いただく」は鉄道会社側が、自分の動作を謙譲語にして話しているわけであり、正しい敬語表現になっているのです。

まあ、誤解であれ何であれ、話をしている相手が不快に思う可能性があるなら、そのような表現は極力避けておくのが賢明というものですよね。
というわけで、1が正解、と考えておくのが間違いないでしょう。

広告

カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
Amazon 検索
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

関連サイト
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR