哲学の謎

私は、人は誰でも哲学者なのではないか、と思います。
普段は、日常の忙しさに追われて、色々と考えてみるゆとりがなかったりしますが、この本を読むと、哲学的にものを考えることの楽しさが呼び起されます。

野矢茂樹『哲学の謎』

この本を読むと、誰でも子供の頃に「どうしてなんだろう?」と思って、なんとなく答えを出したつもりになって置き去りにしてきたような、人間にとって本質的な疑問を、心の奥底から掘り出されます。

例えば、
自分の見ている世界は、他人の見ている世界と同じなのか?
これって、とりあえず、「そうに決まってるだろう」ということにしておかないと、日常生活が成り立たないので、否も応もなく、同じであることにして済ませています。

でも、いざ考えてみると、これはどうしても答えが出せないですね。自分が他人に成り代わることはできないので、他人が自分と同じ世界を眺めている保障はありません。
いや……そもそも、自分以外の人って、本当にそこにいるの?
いるように見えるけど、それは自分の創りだしている感覚の中にいることが分かるだけで、本当にそこに実体としての世界というものがあるのだろうか……?
こんな風に考え出すと、もう答えは出てこないですね。

あとは、
枯れ葉は、「舞い落ちる」のではなく「舞い降りる」のではないか?
普通、枯れ葉には「自由意志」がないものと考えるので、「舞い落ちる」で問題ありません。
でも、枯れ葉に意志がないと、どうして言えるのでしょうか?
逆に、枯れ葉に意志がないのであれば、人間には意志はあるのでしょうか?

そもそも、「自由意志」とは何でしょうか。自発的に何かをやろうとする心の動き、といったようなものだと思います。
でも、その心の動きが発生したのは、何によってでしょうか?
それも、自分が決定したのでなければ、それは自由意志にならないので、自分の中から発生した、まあ、つまり「意志の意志」みたいなものがあったのでなければなりません。
では、その「意志の意志」を発生させたのは……?
これは無限の連鎖になってしまうので、結局最初のトリガーは自分ではないことになってしまい、つまり「自由意志」というものは存在しないことになってしまう……。

この本は、「対話篇」の形式をとっています。
哲学の専門家と哲学を知らない素人の対話、といった感じです。
でも、本の中で最終的に答えは出ません。これらは、あくまでも、「哲学の謎」です。

人によっては、「こんなものを読んで時間を無駄にした」と感じられる場合もあるのかもしれません。
この本で提示され、議論されているテーマは、答えのない問いなのだと、私は思っています。
でも、普段、自明なこととして通り過ぎてしまっている事柄について、もう一度振り返って少し考えてみることは、何かしら意味のあることに違いない、という確信もまた感じています。

ところで、対話篇というと、プラトンの一連の著作が有名です。
これらは、全てプラトンの師、ソクラテスが主人公となっており、常識として当たり前に思っていることが、実は誤りなのだということを、論理の積み重ねで証明する、といったスタイルになっています。
参考までに、『ソクラテスの弁明』をご紹介しておきます。

広告

カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
Amazon 検索
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

関連サイト
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR