藤子・F・不二雄のSF短編・異色短編

藤子・F・不二雄の「SF短編」あるいは「異色短編」と呼ばれる作品をお読みになったことがありますか?

「藤子・F・不二雄」というと、「ドラえもん」や「オバケのQ太郎」など、どちらかというと子供向けの作品を描く漫画家、という印象をお持ちの方が多いと思います。
そして、おおむね、その評価は正しいものだと思います。
(ただし、それらの、いわゆる「子供向け」作品群は、決して子供だましではなく、大人の鑑賞に十分堪える名作揃いです)
そんな中、藤子・F・不二雄の「SF短編」あるいは「異色短編」と呼ばれる作品群は、それらの、いわゆる「子供向け」作品群とは一線を画しています。

藤子・F・不二雄は、自分の描くSFとは、"Sukoshi Fushigi"(すこしふしぎ)の略である、と話しています。
その言葉の通り、藤子・F・不二雄のSF作品では、何気ない日常に、ほんの少し不思議なことが起こるだけで、そこに、非常に奇妙な世界が描き出されていきます。
でも、この傾向は、どちらかというと「SF短編」より「異色短編」の方に強いように思いますね。
そして、私は、この世界観は、星新一の作品が描く世界に似ているように感じます。
(星新一の作品については、【星新一のショートショート】をご覧下さい)

藤子・F・不二雄の「SF短編」「異色短編」は、今までに色々な単行本が発行され、そして絶版になってきました。
単行本に色々な種類があり、単行本の種類によって、同じ藤子・F・不二雄の作品でも、かなり雰囲気に違いがあります。

なので、以下、藤子・F・不二雄の「SF短編」「異色短編」について、簡単に単行本による作品の傾向を書いてみようと思います。

現在手に入りやすい単行本は、主に以下のものです。
(冒頭についている文字は、ここでの仮の略称です)

PFCT: 小学館 藤子・F・不二雄SF短編PERFECT版
異色: 小学館 藤子・F・不二雄[異色短編集]
少年: 小学館 藤子・F・不二雄少年SF短編集
中公: 中央公論社 藤子・F・不二雄SF短篇集

上記の各単行本の収録作品の相互関係は、以下の通りです。
PFCT = 異色 + 少年 + 中公 + α(10編程度?)

つまり、異色、少年、中公の間では作品の重複はありません。
PFCTは、文字通り完全版で、異色、少年、中公の全作品に加え、それらのどの単行本にも収録されていない作品も10編程度収録されているようです。
つまり、藤子・F・不二雄の発表した、SF短編あるいは異色短編と呼ばれる作品が全て収録されているのだと思います。
(本当に全作品なのか確信は持てませんが)

藤子・F・不二雄の発表したSF短編あるいは異色短編と呼ばれる作品は、全部で100編以上あるため、ここでは個々の単行本ごとの収録作品名は記載しませんが、収録作品の掲載元の雑誌で分類すると、
異色: 主に青年誌に掲載された作品。
少年: 主に少年誌に掲載された作品。
中公: 少年誌と青年誌の掲載作品が混在。
となっています。

作品としてこれらの作品群ごとの特徴を説明するのは難しいのですが、大雑把な感覚としては、「どぎつさ」「大人向け度」「ブラック度」みたいなものが、青年誌ほど強く、少年誌では弱くなっています。
まあ、当たり前といえば当たり前ですね。
つまり、そういった尺度が、
異色>中公>少年
となっている、ということです。
でも、もちろん作品によって例外があるので、一概にはいえませんが、だいたいそんな感じだと思います。

「藤子・F・不二雄は子供マンガの作家である」と考えている方は、ぜひ、これらの作品を読んでみて下さい。
きっと、その認識を新たにさせられると思います。

広告

ヒカルの碁

タイトルからも分かる通り、『ヒカルの碁』は囲碁マンガです。
「え、囲碁マンガ? だって、囲碁なんて知らないし……」と思った方、ちょっと待った!
このマンガは、囲碁を題材にしていますが、囲碁を知らなくても自然に入り込めて、しかも読んでいく内に、どんどん囲碁が好きになっていく、という素晴らしいマンガです。

物語は、主人公のヒカルが、おじいちゃんの家の蔵で、古い碁盤を見つける場面から始まります。
実はその碁盤には、平安時代の碁打ち、藤原佐為の霊が宿っており、ヒカルの意識の中に住むことになります。
ヒカルは囲碁を全く知らなかったのですが、佐為に頼まれ、佐為に言われる通りの手を並べる形で碁を打ってあげることにします。
そして、最初に対局するのが、時の名人、塔矢行洋の息子である、塔矢アキラでした。
この対局は、ヒカルが勝利します。……といっても、もちろんヒカルは石を並べただけ。実際に勝ったのは佐為です。
でも、アキラはこの敗北に衝撃を受けます。何しろ、彼は幼い頃から囲碁の英才教育を受け、同年代の子供に敵などいなかったのですから……。

一方、ヒカルも、佐為に言われるままに碁を打つ内に、次第にヒカル自身の囲碁の能力が覚醒していきます。
最初は、囲碁とは全く無縁のヒカルの意識が自分に共鳴したことを不思議に思った佐為でしたが、段々、その理由が分かってきます。

囲碁マンガですが、囲碁の知識は不要です。
囲碁の世界を舞台にしていながら、ドラマティックな展開に、囲碁の分からない人をも話に引き込む力を持っています。
そして、読んでいる内に少しずつ囲碁のことも分かってきて、囲碁に興味が湧いてきます。
日本棋院所属の女流棋士、梅沢由香里氏が監修しているので、囲碁に関する内容も確かなものです。

全23巻ですが、1巻~17巻までが「佐為編」となっており、18巻は番外編、19巻~23巻は、その後の、主に日中韓Jr(ジュニア)団体戦「北斗杯」を舞台とした「北斗杯編」となっています。
このマンガ、北斗杯編も良いですが、やっぱり17巻までの佐為編が最高です。
少しネタバレ的になりますが、「佐為編」というタイトルから分かる通り、佐為が登場するのは17巻までです。
(18巻の番外編にも登場しますが、これは番外編なので、時系列としては17巻より前の話ということになります)
佐為がいなくなる理由、それを予期して葛藤する佐為、そして、佐為がいなくなった後のヒカルの落胆……そして立ち直り。
これらがとてもドラマティックに描かれていて、本当に素晴らしい作品だと思います。

このマンガは、アニメも放送されていましたが、アニメもまた素晴らしいです。
特に、佐為がいなくなる話で使われているBGMが、とても感動的な良い曲です。
これは予約生産限定の商品で、予約は2009年9月で終了しているので、新品は入手できない状態です。

この他、単品販売のものもあります。
ヒカルの碁 第三期 出発篇 二
第58話「一色碁」、第59話「塔矢行洋引退!」、第60話「さよならヒカル」

ヒカルの碁 第三期 出発篇 七
第73話「進藤対塔矢」、第74話「キミの中にいる」、第75話「なつかしい笑顔」

広告

カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
Amazon 検索
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

関連サイト
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR